×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

熊本県水俣市とは

熊本県水俣市は熊本県の最南端に位置し、北は芦北郡津奈木町、南は鹿児島県出水市及び大口市と境を接している地域です。熊本県水俣市の総人口は29120人と3万に満たない小さな町です。が名前だけは(熊本県水俣市)以外と国内はもとより世界でも有名になったことは隠せない事実でしょう。そう言ったところからもお判りのように、熊本県水俣市は、エコポリス。みなまた〜人・環境・経済がもやい輝くまちと銘打っている様です。そこで最も熊本県水俣市のシンボルとでも言いましょうか?山には湯の鶴温泉・海には湯の児温泉と質の良い温泉もあるので観光客も見込めるようです。泊まりには最近ビジネスホテルも2箇所ほどありゆっくり安心して見物が楽しめるようです。

熊本県水俣市の地域活動

熊本県水俣市の水俣中継局=wikipedia/水俣中継局は日本の熊本県水俣市の中尾山(地元で一番高い山)などにあるテレビ放送とラジオ放送の中継局になっています。(RKK/TKU/KAB)地域での活動を紹介すると、まず消防団は熊本県水俣市の土石流災害があり特に、熊本県水俣市の土石流災害では、多くの人的被害(死者19人、重軽傷者7人)が発生し述べ2500人の消防団員が危険箇所の警戒、住民の避難誘導、水防活動で活躍されたと言う事です。本当に災害にあって始めて知るというのか気づくといいましょうか。皆さんの手助けは涙が出るほど有難いことだと思います。あってはならないことですが。しかし、天・人災は避けて通れない瞬間の出来事ですからね。怖いです。

熊本県水俣市と環境

熊本県水俣市は水俣病(事件史探求)は忘れる事の出来ない歴史の一ページに刻まれていく事になりますが、それらを教訓にしてかどうかは?定かではありませんが、共同作業所・ほっとはうす(熊本県水俣市)活動を開始しています。熊本県心身障害者通所援護事業として許可をもらって頑張っています。それから熊本県水俣市は「エコタウン」と銘打って世界に類を見ない産業公害を経験した水俣ですが熊本県水俣市は、小都市型エコタウンを目指したプランを策定し、2001年(平成13年)に国の承認を受けています。更に、新栄合板工業株式会社は、低ホルムアルデヒド合板「ネダノン」、LVL,エココンパネル等も生産に力を入れるなど頑張っている熊本県水俣市のようです。最後に一つだけ楽しい場所・観光地を紹介します。湯の児温泉の近くに位置している湯ノ児スペイン村福田農場があり、熊本県水俣市湯の児スペイン村ではワイン・地ビール・ジャム・ジュースなどを生産販売。なし狩り・ぶどう狩り・みかん狩り・イベント案内など多彩です。

Copyright © 2008 熊本県水俣市がすばらしい♪